2010年11月19日

12/1赤坂ポートカフェ 谷川俊太郎と詩について話そう!

tanikawa_80.JPG
©菊池一郎


定員に達したため、申込み締め切りました。

【日時】2010年12月1日(水)19:30〜
    19:30〜20:30 お話会 20:30〜22:00 懇親会
【場所】赤坂港カフェ(アカサカポートカフェ) 港区赤坂6-10-39 1階 03-6324-9440
【定員】12名 (先着申込)
【会費】10,000円(事前振込 懇親会お食事+デザート+1ドリンク付 ※追加のドリンク注文は実費)
【参加資格】以下のいずれかに該当する方。
@詩に興味がある人
A詩を書いている人
B谷川俊太郎さんとことばについて、詩について語り合いたい人
【持ち物】「ぼくはこうやって詩を書いてきた 谷川俊太郎、詩と人生を語る 」(著:谷川俊太郎,山田馨 ナナロク社
持っていない方は、こちらよりご購入いただき、当日必ずご持参ください。
【宿題】事前に、「ぼくはこうやって詩を書いてきた 谷川俊太郎、詩と人生を語る」を読んできてください。
小さな小さなカフェで、詩人の谷川俊太郎さんと、
詩について、ことばについて語り合う会を開催します。
講義形式ではなく、参加者のみなさんとの対話形式で進める会となります。
終了後は、谷川さんを囲んで、お食事・お酒・珈琲をお楽しみいただけます。
大きな会場での講演会やトークショーとは違った、定員12名のアットホームなこの場だから聞けるお話が飛び出すかもしれません。
2009年の第一回、第二回の質問の一部今回は、「ぼくはこうやって詩を書いてきた 谷川俊太郎、詩と人生を語る」(ナナロク社)の共著者であり編集の山田馨氏もご参加いただきさらに詳しいお話がきける予定です。

【谷川俊太郎(たにかわしゅんたろう)】
1931年東京生まれ。
1952年『二十億光年の孤独』(創元社)でデビュー。
詩作のほか、絵本、翻訳など幅広く活躍している。
読売文学賞、日本翻訳文学賞、野間児童文芸賞、萩原朔太郎賞、鮎川信夫賞ほか受賞多数

【山田馨(やまだかおる)】
1941年東京生まれ、長野県育ち。東京大学文学部卒。
エールフランス勤務を経て、岩波書店に入社。主に教育書や児童書の編集に携わる。
谷川俊太郎・太田大八との共著に『詩人と絵描き 子ども・絵本・人生をかたる』(講談社)、くさのだいすけ名での著書に『きょうりゅうのかいかた』(岩波書店)などがある。


定員に達したため、申込み締め切りました。

【申込方法】
先着順申込みです。赤坂港カフェブログ問い合わせフォームより、件名「12/1谷川俊太郎イベント」として、お申込ください。
お電話や店頭で申込・問い合わせは受付できません。
※お申込いただきましたら一両日中にメールにて返信いたしますので、@live.jpからのメールの迷惑メール解除をお願いいたします。

posted by 赤坂ポートカフェ at 08:20 on 2010年11月19日
| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする| edit
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/169895699
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。