カフェで会う人

もがみたかふみ


初めて入ったそのカフェで、とても素敵な人に出会った。その人は言った。
「あなたがこのカフェにまた来るのなら、きっとまた会えると思うよ」
それ以来、私はこのカフェに通っている。今日もその人は来ない。

私は、ここに来る人たちに、その人のことを聞いてみた。ある人は、見覚えがないなあ、と言って首をひねった。ある人は、そういえば、そんな感じの人、見かけたかも、と自信なさそうに言った。ある人は、あー、あの人かな、とつぶやいた。それからみんな共通してこんなことを言う。「ところで、ねえ、こんな人を知らない? 以前、このカフェで会ったんだけれど……」
そのたびに私は「見覚えがないなあ」と首をひねったり、「そういえば、そんな感じの人、見かけたかも」と言ってみたり、「あー、あの人かな」とつぶやいたりした。まるで確信はなかったけれど。

そうやって話しかけてくる人と次第に仲が良くなって、何度も何度も通ううち、大切な友人が増えてきた。店に来るたびに仲の良い誰かがいて、時にはまた誰かを紹介されて、友人が増えていく。中には、とても大切な人もできた。

時々、ふと思い出して尋ねてみる。
「ところで、ねえ、こんな人を知らない? 以前、このカフェで会ったんだけれど」
相手は「見覚えがないなあ」と言って首をひねっている。その様子をじっと眺めながら、私は思う。
どうも、あの最初に話した人は、この人だったような気がするんだけれどなぁ……


posted by 赤坂ポートカフェ at 23:23 on 2009年03月31日
| Comment(0) | TrackBack(0) | インフォメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする| edit
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。